MENU

即日でお金を借りるならキャッシング!

●給料日までのつなぎの生活費
●急な飲み会・合コンの誘い
●クレジットカードの支払い
●行きたいコンサートチケットをどうしてもゲットしたい
●ママ友のランチ会などの付き合い
●思わぬ冠婚葬祭による出費
●交通事故や病気による入院費が足りない

など、即日でお金を借りたい状況に置かれることは誰にでも訪れるものですが、心配無用です!

 

即日でお金を借りる方法を知り尽くした当サイトがシンプルに解決に導きます。

 

→即金ランキングはコチラをクリック!

 

まずお金を借りるというと・・・

 

「友人に借りる」
「親や兄弟から借りる」

 

ことがセオリーだと思います。

 

そのセオリー通りに過去にお金を借りた方も多いと思いますが、甘えなどが出て結局借りたお金を返さなかったりとか、忘れていたりして人間関係にヒビが入ったりした経験はないでしょうか?あるいは、完全に失念していて相手から信用できない人とレッテルを貼られている可能性もあります。

 

お金を貸した側の人間というのは、貸した事実を確実に覚えています。

 

つまり、身内からお金を借りるという選択肢を無くしたほうが結局、人間関係も円滑にうまくいきます。
「財布を無くした!」「泥棒に入られた!」「家族に不幸があった!」など様々な言い訳を考えて身内から借りようとすることも精神衛生上よくないです。

 

未成年ならともかく、自立した成人なら「安易に身内からお金を借りない」と決定することが大切です。

 

お金借りる即日

 

それを前提に「今すぐに、お金が欲しいっ」「最短でお金を借りたいっ」という状況になった時、一番簡単に即日でお金を借りる方法を紹介します。

 

お手持ちのクレジットカードに付いているキャッシング枠を活用する方法もありますが、お金を借りてから30日間、利息がつかない方法もあります。

 

つまり、即日(最短1時間)で30日間無利息キャッシングできる方法です。

 

それは、消費者金融の老舗である「アコム」のカードローンを利用することです。

 

消費者金融といっても間違っても知名度のない変な低金利を売りにした闇金に手を出してはいけません。そのような闇金は、様々な手段で追い込んでいくので本当に注意してください。場合によっては人生が破滅してしまいます。

 

その点、三菱UFJファイナンシャル・グループであるアコムなら銀行傘下で消費者金融最大手ということもあり超安心できます。

 

お金借りる即日

 

アコムなら・・・

●担保・保証人不要
●収入証明書(源泉徴収書)不要※50万円までの借り入れ

つまり、20歳以上で安定した収入がある人は、免許書1枚ですぐに申し込めます!

 

お金を借りる場合は、急いでいても本当に安心できるキャッシングサービスを利用しましょう!

 

アコムを含めたおすすめのカードローンをランキングにして下記にまとめてみました。「消費者金融より銀行で借りたい!」という方も低金利のおすすめ銀行カードローンを厳選して紹介しています。

 

無職でない限り、今や即日でお金を借りることは敷居が高いことではございません。安定した収入がある20歳以上の方は、自信を持って申込してみてください。

お金借りる即日

アコム(無利息期間:有り
アコム 即日キャッシングの代表格であるアコム。知名度も完全に浸透していて安心して利用できるのもポイントが高いです。とにかく急いでいる方は、まずはアコムの3秒診断で借り入れ可能かチェックしてみてください。はじめての方はさらに30日間無利息もあるのですぐに返済できる予定のある方は利息ゼロで融資してもらうことも可能です。50万円までの借り入れは収入証明不要なのでスピーディーです。アコムで確実に即日お金借りる具体的な方法は>>>コチラをご覧ください。

アコム申込

実質年率 限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円 お金借りる,即日

プロミス(無利息期間:有り
最短1時間融資でお馴染みのプロミス。プロミスなら平日の14時以降や土日祝日であっても、ネットで申し込みして、全国にある自動契約機に駆け込めば最短即日融資も可能です。また、30日間無利息※もあるからはじめての方でも安心してキャッシングできます。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)女性の方でも安心!プロミスのレディースキャッシングはコチラ

 

プロミス

実質年率 融資限度額 評価
4.5%〜17.8% 500万円 お金借りる,即日

みずほ銀行カードローン(無利息期間:無し)
みずほ みずほ銀行カードローンは銀行カードローンなので低金利で安心して利用できますし、総量規制対象外です。みずほ銀行の口座をお持ちなら来店・郵送不要で最短即日利用も可能!また、配偶者に収入があれば、専業主婦でも旦那の同意書なしで30万円まで借入可能です。

みずほ銀行

実質年率 最大限度額 評価
[エグゼクティブプラン] 年3.0%〜7.0%※ 1,000万円 お金借りる,即日

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

三井住友銀行カードローン(無利息期間:無し)
三井住友銀行カードローン メガバンクの三井住友銀行が提供する銀行カードローンです。最短30分審査で審査結果回答で、融資も最短即日でご利用が可能です。お申し込みが300万以下であれば、収入証明は不要となり大変便利です。銀行ならではの低金利に加え、ご利用限度額も800万円ですので、おまとめローンにもおすすめです。

三井住友銀行カードローン

実質年率 融資限度額 評価
4.0%〜14.5% 800万円 お金借りる,即日

モビット(無利息期間:無し)
モビット モビットも即日キャッシングに対応している代表的な消費者金融です。14:50までの振込手続き完了で当日振込も可能です。(審査結果により不可の場合もあり)また、WEB完結申込なら勤めている会社に電話連絡が入らないため会社バレのリスクもないので安心して申し込めます。老舗のサービスなのでオペレーターにも気軽に相談できて的確な回答がもらえるので評判がいいです。

モビット

実質年率 融資限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円 お金借りる,即日

新生銀行カードローン レイク(無利息期間:有り
レイク レイクも来店不要で即日に対応した銀行カードローンで人気です。人気の秘密は、2種類の無利息期間にあります。一つは、初回限定で30日間、一つは、初回限定で5万円まで180日間金利が0円という画期的な特徴があります。専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば借入可能!

レイク

実質年率 融資限度額 評価
4.5%〜18.0% 500万円 お金借りる,即日

スルガ銀行カードローン
スルガ銀行カードローン 即日のニーズに完全に対応した安心の銀行カードローンです。低金利なので安心して利用できます。専業主婦の方やバイトの方やフリーターの方でも申込できます。

スルガ銀行カードローン

実質年率 融資限度額 評価
3.9%〜14.9% 800万円 お金借りる,即日

アコムACマスターカード

来店不要

アコムACマスターカード
アコムACマスターカード アコムにはクレカ機能が付いたカードローンがあります。このクレカは、即日発行できる優れもので、即日キャッシングもできれば即日お買い物も可能です。安定した収入があればパート・アルバイトも申し込み可能!利便性抜群のクレカを1枚持ってみませんか?入会費・年会費は、無料です。

アコムACマスターカード申し込み

実質年率 融資限度額 評価
10.0%〜14.6% 10万円〜300万円 お金借りる,即日

お金を借りる際の審査のポイント

お金借りる

 

昔は、キャッシングといえば、高金利で最後の手段といったイメージがありましたが、今は、利息制限法や出資法で金利も決められていてクリーンになってきていますし、大手消費者金融は、銀行系列で信用もあります。

 

インターネットで簡易的に、24時間申し込みが出来ます。スマホやパソコンで、必要な項目を入力して30分後には、融資可能かどうか返答があります。(※24時間、すぐに返答があるわけではありません。)

 

運転免許証などの必要書類の提出や確認もネットでも可能で、ご自身指定の銀行口座に即日振込融資してもらうことも可能です。大体、14時までにネットで申込を完了しておかないと即日振込融資は厳しいです。ほとんどの銀行で当日扱い振込時間が平日15時なので、15時を過ぎると、翌日振込融資になります。

 

当日振込融資を希望される方は、14時がタイムリミットと考えておくとスムーズです。

 

融資限度額は、会社・サービスによって変わりますが大体50万円までは、収入証明書(源泉徴収票等)は原則不要です。そして、はじめての借り入れだと50万円以上の融資はかなり難しい傾向があるので頭に入れておきましょう。

 

また、希望の限度額は、少なめに申請すると審査を通過する可能性は高まりますので、確実に審査通過を考えておられる方は、このポイントは押さえておいてください。

 

返済実績を作り信用が出来てくると、利用限度額も上がってきます。貸付利率(実質年率)は、18.0%までと法的に決められています。この金利も、信用度、金額によって変動します。

 

大手の消費者金融以外の「即日融資」「審査なし」「ブラックOK」「無職オッケー」などのキャッチコピーを掲げている業者はかなり怪しいヤミ金の可能性があるので、やめておいたほうがいいです!法律無視の高金利や、厳しい取り立てが行われる可能性があります。

審査通過ポイント!

知名度のある消費者金融の審査に通過するためには、まずは「安定した収入があるかどうか」が最大のポイントです。そして、年収がいくらとか、勤続先規模・勤続年数・雇用形態(正社員or契約社員or派遣社員orアルバイト)・他社借入件数なども審査通過の判断材料になりスコアリングされます。安定した収入がある方は、まずは各社のお試し診断を活用することをおすすめします。

→即日お金借りるランキングはこちら

即日でお金を借りることができる消費者金融の利用上の注意とは?

消費者金融のサービスはとても利便性が高く身近なものであるため、利用者は年々増加しているといわれています。とはいえ、どんなサービスでも一定以上のユーザーが増えてくると、いろいろ注意しておきたい事柄が出てくるものなのです。

 

お金借りる即日

 

例えば、気をつけておかないと、気がつけば返済が厳しいレベルにまで借入してしまっていたという事態にもなりかねません。また、特に気をつけておきたいのは、1社だけではなく複数の消費者金融を無計画に利用しないことです。

 

複数の消費者金融を利用すれば、限度額は増えるのですが、これをうまくコントロールしておかないと、返済の管理も複雑になり大変になってきます。最悪の場合には「どうやって返済したらいいのか?」という危機的な局面に発展するケースも考えられます。そのようなことにならないためには、まずはカードローンを利用する前に、返済可能な範囲なのかどうかを返済シュミレーションを利用して自分で確認しておくと良いでしょう。

 

そうすると、安心してお金を借入することが可能になります。消費者金融はいざという時にとても重宝できるサービスですから、このような注意点を留意しつつ、賢く計画的に身の丈に合った金額を借りることが大切です。使い勝手もとてもよく、24時間365日お金をタイムリーに借りれますので、きちんと節度ある利用をすると力強い味方になってくれます。

 

→即日お金借りるランキングはコチラ

お金を借りる時は金利が安い方がお得?

お金借りる即日

 

お金を借りる際、緊急を要している時であってもなるべく金利は安い方がいいですよね。

 

例えば、同じ10万円を金利18.0%で借り入れした場合と、14.5%で借り入れした場合を比較します。

18.0%の場合 14.5%の場合
計算式 10万円×18.0% 10万円×14.5%
利息 18000円 14500円

当たり前ですが、14.5%の方が利息が安いです。18000円−14500円=3500円で、18.0%と比較すると3500円浮くことになります。つまり、原則としては、低金利の金融機関を利用する方がお得なことに間違いないわけですが、ケースバイケースで考え方が変わることも理解する必要があります。

 

まず、金利の基本的なことをおさらいします。各社金利を比較する時、例えば「金利:3.0%〜18.0%」といったスペックを見ると思います。

 

下限金利と上限金利

 

この数字の読み方ですが、3.0%の方を「下限金利」といい、18.0%を「上限金利」といいます。そこで、条件反射的に「3.0%は低金利だ!」ということで、すぐに申し込まれる方がいらっしゃいますが、これは失敗パターンです。

 

初めて借り入れをする方は、下限金利が採用されることはまずありません。上限金利の方を設定されます。

 

つまり、各社金利スペックを比較する時は、必ず上限金利を見て決めることが基本です。そこを見ると・・・

 

金利が安いのは消費者金融ではなく、銀行カードローンだな」ということが腑に落ちると思います。

 

しかし、銀行カードローンには「無利息期間」を設定しているとこがありませんし、審査の通過が消費者金融よりハードルが高いです。

 

その点、アコムやプロミスのような消費者金融には無利息期間という強みがありますので、それを活用して短期で返済して無利息で乗り切るという方法もあります。

 

長期的な付き合いで考えるなら、銀行カードローン。短期的なスピード重視で考えるなら消費者金融が向いていると言えるでしょう。

 

→即日お金借りるランキングはコチラ

カードローンとフリーローンの違いを知り使い分けよう

カードローンとフリーローンはどちらもお金を借りることができる便利なローンになります。共通しているのはお金を借りることができるという意味になりますが、根本的に両者の違いがあります。この違いを把握して自分に合っているローンでお金を借りることが大切になります。互いにメリット、デメリットがありますので違いを知ってから利用するようにしましょう。

 

お金借りる即日

 

カードローンは限度枠内であれば何度でも借りることができます。たとえば限度額10万円のカードローンであれば、今日2万借りて来週1万借りるようなことができます。メリットは限度枠内で何度も利用できることであり、デメリットは一度カード利用停止を受けてしまうとカードローンを利用できなくなります。

 

フリーローンは限度枠というものはありません。20万円のフリーローンであればその金額すべては振り込まれることになり、あとは返済するだけになり、返し続けてもまた借りることはできません。メリットは一度に必要なお金をすべて受け取れることで、デメリットは何度も繰り返してお金を借りれないことです。

 

どちらが自分に合っているのかをしっかり認識して必要なローンでお金を借りることが大切です。

 

→即日お金借りるランキングはコチラ

キャッシングと手数料について

キャッシングを利用したいと考えた際、まず気になるのは、利息という人は少なくないでしょう。利率が低い程、支払う利息は少なくて済む事になります。更に、キャッシングの利率は、1年未満の返済であれば日割り計算となり、早く完済する程、少ない利息で済む事になり、お得に利用できる事になります。無利息キャッシングの広告が目につくようになりましたが、やはり基本的なユーザーの関心は利息に向いていると思います。ただ、本当にお得に利用したいと考えた場合、利率や利息だけでなく、手数料も意識しておく事がお勧めです。

 

お金借りる即日

 

キャッシングを利用する度に手数料が必要な場合、気がつけば、大きな金額になっている可能性があります。利息さえ少なければ、それでお得に利用できたと考える人は少なくありませんが、どれだけ金利が安くても多くの手数料が必要となれば、総合的に見た場合に、高くついてしまっている事があります。ですから、利息のみを意識するのではなく、利用をする為に必要な金額を総額で考えておく事がお勧めです。

 

キャッシングの申し込みをしたいと考えた場合、利率で業者を比較検討する人は少なくないでしょう。ですが、利率だけでなく、手数料に関しても、しっかり調べて、比較検討をしておく事がお勧めです。手数料まで意識しておく事で、キャッシングをよりお得に利用できるようになります。

 

→即日お金借りるランキングはコチラ

市役所でお金借りる場合

市役所

実は、市役所でお金を借りることはできます。民間のカードローンでお金を借りることに抵抗がある方や、市からの借り入れの方が安心という方に利用されています。

 

市役所でお金を借りることができる制度を「生活福祉資金貸付制度」と言います。一時的に貸付することで自立した生活ができるように支援することが目的です。

 

民間のキャッシングサービスに比較すると低金利であることが特徴です。また、連帯保証人をつけることができると無利子で借りることも可能です。

 

生活福祉資金貸付制度の中には、貸付金の種類が「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」の4つがあります。

 

生活福祉資金貸付制度を受けられる人は、「低所得世帯」「障害者世帯」「高齢者世帯」です。逆に受けられない人は、「住居がない方」「失業保険の受給資格を有している人」「多重債務者」になります。

 

まずはご自身の住まれている地域の民生委員か市区町村社会福祉協議会に相談することからスタートです。

審査や提出書類などは、事業所によって異なりますが色々と複雑なので、民間のキャッシングサービスの方が遥かに準備が簡潔に済みますし、生活福祉資金貸付制度は、即日でお金を借りることはできません。

→即日お金借りる民間サービスはこちら

貸金業法

お金を借りる際、慎重な方は日本貸金業協会のサイトも事前にチェックすることをおすすめします。
サイトURLはコチラになります→http://www.0570-051-051.jp/